財務診断のススメ

財務診断を受けてみませんか?

健康の維持や病気の早期発見のために、定期的に健康診断を受けることが推奨されていますよね。
それと同じように、企業についても、財務体質の維持や改善のため、定期的に財務診断を受けることを強くお薦めします。

<財務診断について>
多くの金融機関は中小企業者への融資を判断する際に、McSSという中小企業経営判断システムを利用しています。これまで本システムは金融機関のみが利用できるものでしたが、現在では会計事務所でも顧問先企業の財務診断のためにMcSSを利用できるようになりました。

診断項目について

経営診断システムを活用することで以下のような項目の診断結果を確認することができます。

診断1 CRDモデルによる総合評価結果

全国の中小企業における貴社の信用力の相対的な位置づけを偏差値で表します。偏差値は高いほど信用力が高いことを示しています。


診断2 財務バランス予測

中小企業の財務状況を表す代表的な10指標について、「同業種中央値」と比較することができます。

財務診断のメリット

銀行が自社をどのように評価しているのか、偏差値が把握できます。(同業種比較も可)

信用格付けのランクによって融資形態(借り方、金利水準)の適正化が検討できます。

将来シミュレーションで事業計画のアウトラインを策定することができます。

財務の改善をサポート

当事務所では、McSSのデータを活用して御社の財務の改善をサポートします。
御社の信用貸付けランクを把握し、融資形態(借り方、金利水準)の適正化に向けた取り組みをご指導します。

その他、当事務所では、介護・福祉事業を経営されている法人の皆様に対し、各種サービスを提供しています。
詳しくはこちら